GameWith Developer Blog

GameWith のエンジニア、デザイナーが技術について日々発信していきます。

GameWith iOS もくもく会 #15 開催しました #GameWith #TechWith #gamewith_moku2

こんにちは!
GameWithのiOSエンジニアのkyamです。
9月26日(木)にGameWith主催で第15回目のもくもく会を開催しました!

GameWith iOS もくもく会 #15

gamewith.connpass.com

今回はテーマとしてiOSを採用しました。 実は今までiOSのもくもく会はGameWithで開催したことがなかったため、今回が初めての開催となりました。

それでも今回は社内1人、社外7人の計8人が集まってくれました!

当日の流れ

f:id:keeetaka:20190930141449p:plain

最初にお知らせ、次に自己紹介と今日のもくもく内容を発表して、軽食を挟みながら2時間程もくもくし、最後に進捗の発表という流れで開催しました!

進捗発表

以下がメンバーの取り組んだ内容です。

  • SwiftUIのTutorialと企画のアイデア詰め
  • リリースしたばかりの個人アプリのiOS13の対応(Dark Modeなど)
  • アニメーションの作成
  • macOS Catalina 10.15 beta 9のDLとSwiftUI
  • WebView周りの技術調査
  • CircleCIの挙動確認
  • 通信周りの勉強、QiitaAPIを使ったモック作成

といった様々なテーマの取り組みのもくもく会でした!

最後はせっかくなので20分ほど質問タイムという形式をとりGameWithについてざっくばらんに質問していただく時間をとりました。

挙がった質問としては、

  • 自分の所属している価値検証チームとはどのようなものなのか(自己紹介で所属している旨を話しました)
  • 企画はどのように生まれるのか
  • 新規事業のクローズ判断について

などビジネス的なものも多かった気がします。

最後に

参加していただいた皆様ありがとうございました!
iOSをこれから始めようと思っている方、始めたばかりの方、がっつり業務で触っている方など色々な方が参加されて雰囲気もよく開催できたかなと思えます。
10月以降も開催していく予定なので、興味のある方は是非参加してください。

告知1

もくもく会終了後も話したのですが、GameWith iOSもくもく会参加者用のslackワークスペースを作成しようと思います。
作業中に気軽に質問などを投げることができ、誰でも返答できるようにし、誰に聞いたらいいかわからないといった状況を無くし、参加者にとって勉強会自体の効率をよりあげたり、勉強会後のコミュニケーションを高めたいという意図からです。

告知2

GameWithのDeveloper向けTwitterアカウントを開設しました。 もくもく会の告知やブログの更新情報などを発信するので良かったらフォロー宜しくお願いします!

twitter.com