GameWith Developer Blog

GameWith のエンジニア、デザイナーが技術について日々発信していきます。

サスティナブルな社内LT #GameWith #TechWith

サスティナブルな社内LT

こんにちは! コミュニティではごーと呼ばれている只野です。

前回社内LTを続けるコツについて、ブログに書きました!

tech.gamewith.co.jp

今回はオフィスで開催していた社内LTをオンライン開催に変更をしていった経緯について書いていきたいと思います!

サスティナブルな社内 LT とは

私たちは、社内 LT を GamWith の開発組織における文化形成の手段として行ってきました。LT を行う機会が増えると、個性を共有できるようになり、個性の集まりが GameWith 特有の文化として根付いていくことが期待できます。 この取組みが長いスパンで行われることを sustain(持続する)とable(〜できる)からなる言葉と重ねて、「サスティナブルな社内LT」 と考えています。

社内LTの変化

1. オフィスで開催していた時期

以前書いたブログにもある通り、毎週金曜日の19:15 ~ 19:45 に社内 LT を開催していました!

この時期については上記のブログに詳しく書いてありますので、そちらをご参照ください。

2. 出社組とリモート組が混ざっていた時期

LTの発表は出社組が zoom でオフィスから社内LTを配信しリモートしているメンバーも視聴していました。

3. フルリモートになった初期

2の時期は在宅勤務の推奨となっていましたが、3/30(月)に発表のあったとおり弊社はフルリモートへ移行しました。

gamewith.co.jp

フルリモートに移行して1ヶ月ほどは社内 LT を開催していませんでした。

フルリモートという環境の大きな変化もあり、社内 LT の開催方法などについて考える余裕があまりなかったのが正直なところです。

4. フルリモート後の復活

4/17(金)に社内 LT を復活させ、今日まで毎週開催しています。

全員がフルリモートの環境に徐々になれてきたため、復活させました。

全員フルリモートなので、逆に社内 LT はやりやすいのでは?と気づきました。

プロセス

時間帯は毎週金曜日の19:30 ~ 20:00に行っています!

以前までは2,3人が10分程度LTを行っていましたが、現在は4人が5分程度 LT を行っています。

人数と時間を変更した理由としては、以前までは質疑応答や感想を話したりとコミュニケーションの時間を取っていました。 しかし、オンラインで双方向のやり取りが難しいと思い、視聴者にはマイクをオフにしてもらい配信形式のような形にしました。 また、視聴者が飽きないように短い LT にして発表者の人数を増やしました。

オンラインになったので無音の時間ができるだけ無いように、テンポの良いファシリを心がけています。

オフィスで開催していたときは写真を撮っていましたが、オンライン開催では社内 LT の配信を録画し編集しています。 編集で無音をカットした動画は、テンポが良くとても見やすいです。

最初の方は録画した映像を iMovie を使い手動で編集していたが、とても大変でした😭 現在は vrew というツールを利用して自動で編集をしています!

vrew.voyagerx.com

オフィスで開催していたときより発表者の人数が増えた分、時間通り30分で終わらせるために多めにバッファを取っています。

視聴者は Slack のスレッドにコメントをしています。 最初は画面にコメントが流れるツールを使っていたが、準備が大変で今の形に落ち着きました。

LTが5分になり発表者の準備もそこまで時間がかからないので、発表者の準備が以前と比べて楽になりました。

告知は週の前半で1回お知らせをして、開催時間の少し前に再度お知らせをしています。

f:id:tiwu:20200521190555p:plain

全員参加しているチャンネルで告知をしているので、頻繁に @here をしないように告知の回数は最小限にしています。

効果

オンライン開催になったので席が少し遠かった人も発表をしたり、視聴者として参加するようになりました!

オンライン化により可能性が広がった事で、今後外部との合同 LT なども検討しています。 弊社と共に LT を開催したい場合などは、是非 @gamewith_dev まで気軽にご連絡ください!

フルリモートになり曜日の感覚が薄まっていったが、毎週金曜日の19:30に開催をしているので、少しずつ曜日の感覚を取り戻してきたのではないかと思います。

またフルリモートになって他チームの人の顔を見る機会が以前よりも減ったので、この社内 LT で他チームの人の顔が見れることもオンライン化のメリットだなと感じました。

オンラインになったので、作業中の BGM として社内 LT を聞くこともできますし、参加するスタイルはより自由になっています。

まとめ

以前のブログで社内 LT を続けるのに特に苦労はなかったと書いたのですが、上記の通りフルリモートになった際に一ヶ月ほど社内 LT の開催を停止してしまう時期がありました。

ですが、いざ再開してみると意外と問題なくオンライン社内 LT が実施できることがわかりました。

この数ヶ月で日々の MTG などの通常業務もフルリモート体制に移行したこともあり、自分達が思いの外オンライン環境に適応していたことがわかりました。

これからもサスティナブルな社内 LT をやっていきたいと思います!

最後に

GameWithのDeveloper向けTwitterアカウントも開設しました。

ブログの更新情報などを発信するので良かったらフォロー宜しくお願いします!

twitter.com