GameWith Engineering Blog

GameWith のエンジニア、デザイナーが技術について日々発信していきます。

GameWith もくもく会 #3 を開催しました

こんにちは!エンジニア 兼 技術広報の @serima です。

3 月 29 日 (木) に GameWith 主催で第 3 回目のもくもく会を開催しました!

f:id:serimaryo:20180329211305j:plain

年度末だったことも影響したのかキャンセル比率が高く、最終的に外部の参加者の方は 4 名になってしまいました。

なので、社内のエンジニアに声をかけたところ 6 名参加しました。(業務をやっている人も何名かいましたが、テーマフリーなので👌)

続きを読む

try! Swift Tokyo 2018 のブース出展振り返り&オフィシャルフォトが公開されました! #tryswiftconf

こんにちは。東京では桜も満開を迎え、すっかり春がやってきた感じがしますね。

毎度おなじみエンジニア 兼 技術広報の @serima です。

tech.gamewith.co.jp

try! Swift Tokyo 2018 にブース出展を行なったレポートは以前書いた通りですが、少し前に運営から公式の写真が公開されました!

当日はカメラマンの方がブースやセッション会場でたくさん撮影されていたのを見ていたので、いつ公開されるのだろう?と心待ちにしていました。

当日のブースの雰囲気がより伝わるといいなと思い、GameWith のスタッフが写っている写真をいくつかピックアップしてご紹介します!

Official Photos

DSC02041

DSC02230

IMGP2547

DSC03980

IMGP1140

(全写真を見たい方はこちらからどうぞ📷)

振り返り

今回は GameWith にとって初の技術カンファレンスへのブース出展ということで、不慣れなことばかりでした。 ブースでお見苦しい姿を見せてしまった方がいたら、申し訳ありません!

この取り組みをより良い形でつなげるためにプロジェクトチームで振り返りを行いましたので、その結果を共有します。

事前に準備していたモノ・コト

  • ブース用物品
    • バナースタンド
    • テーブルクロス
    • 採用パンフレット
    • OA タップ
    • ノート PC
    • 名刺
    • GameWith パーカー、T シャツ
  • ノベルティ
    • モバイルバッテリー
    • ステッカー
  • アンケート
    • アンケート回答の案内を促すスライド

アンケートに関しては、実は当日の朝に作成することが決まり、ブース出展の準備中に設問とスライドを作成しました。

また、どんな流れでご案内して、アンケートの実施を周知していくかという大まかな意識合わせをスタッフ間で行いました。

良かったこと

  • アンケートの回答数が想定以上だった
    • モバイルバッテリーが欲しいというリアルなニーズが発生しており、アンケート回答数の増加に寄与した
      • 充電が無くなりそうなので、チャージしたいという方もチラホラ
  • 想定以上に海外の方にブースにお越し頂いたのですが、拙いながらも英語対応を行えた
    • 開場のタイミングでどっと海外の方がブースに押し寄せたのですが、隙を見て英語のスクリプトを人事の方に作成してもらい、スタッフ間に展開
  • 近隣ブースの方とコミュニケーションを取る機会があり、今後に繋がった
  • GameWith 使ってます!というユーザさんの声をリアルに聞くことができた
  • 何より楽しかった!

反省点

  • 簡単でもいいので、見やすい場所に事業や技術紹介を行う、ムービー・スライドを投影しておきたかった
    • ブース周辺に来場者の方が集まってしまった時など、人手が足りず全員にご案内できなかった
    • 他社さんは大きめのディスプレイを持ち込んでいるケースも多かった
  • 採用パンフレットを縦置きできるようなケースを用意すればよかった
    • 机に平置きの状態だと存在感を示せない
  • 事前に何を案内するか、ある程度統一しておくと良かった
    • 特に今回は、英語でのご案内がかなり多めに発生したこともあり、うまく伝えられなかった点も多々
  • 英語対応にどの程度リソースを割くべきか検討
  • やはり、ユーザ参加型の企画は盛り上がるため、事前に企画検討を行う

アンケートの結果

アンケートでは、GameWith の認知度を探るため「GameWithをご存知でしたか? / Have you ever heard GameWith ?」という設問を組み込みんでいました。

その結果がこちらです。(約半数が海外の方の回答です)

f:id:serimaryo:20180328162206p:plain

今回のアンケート結果も活かし、エンジニアに対する認知度を引き続き向上させていきたいと思います。

改めて、ブースにお越しいただいた方々にはお礼を言いたいと思います!ありがとうございました!

MANABIYA -TERATAIL DEVELOPER DAYS- にスポンサーとして協賛します

GameWith は MANABIYA -TERATAIL DEVELOPER DAYS- にブロンズスポンサーとして協賛します。

こちらのイベントコンセプトに

「質問」まではいかないが ”気になっていること”、「回答」を知りたいがなかなか ”知る機会がなかったこと”。
そういった ”疑問” を日本中から集め、カンファレンスを通じて解決策を見出し、”知恵” を生み出す。
これが、"MANABIYA" を開催する想いです。

とあります。

我々エンジニアは、答えのない問題に対して日々最適な解を模索し続る、そんな存在のように思います。

個人として学び続ける姿勢ももちろん大事ですが、このようなコミュニティの存在がそういった問題解決に対する有効なアプローチになり得るのでは、と想いに共感し、協賛を決定いたしました。

イベント概要については、以下をご覧ください。

イベント概要

f:id:serimaryo:20180313150115p:plain

イベント名 : MANABIYA -TERATAIL DEVELOPER DAYS-

概要 : MANABIYA -teratail Developer Days- は、「日本中の"疑問"をみんなの"知恵"に」日々の疑問を解決する、全く新しいテックカンファレンスです。

Web、AI、生存戦略など、 10 個のテーマごとにトークセッションを実施。 さらに、メインとして各テーマの登壇者によるパネルディスカッションを用意。 全国のエンジニアから集めた"疑問"を議題にディスカッションを行い、"疑問"に対する「解」を導き出します。

日時 : 2018年3月23日(金)〜24日(土)

会場 : アーツ千代田3331

公式 HP : https://manabiya.tech

manabiya.tech

GameWith もくもく会 #2 を開催しました

こんにちは!エンジニア 兼 技術広報の @serima です。

3 月 8 日 (木) に GameWith 主催で第 2 回目のもくもく会を開催しました!

今回は、弊社のエンジニアが自分も含め 4 名+デザイナー 1 名が参加し、ゲストとホストの参加比率が約 1:1 となりました。

f:id:serimaryo:20180308192030j:plain

今回も取り組むテーマをフリーに設定したこともあり、各人さまざまなテーマに取り組みました。

f:id:serimaryo:20180308192528j:plainf:id:serimaryo:20180308192601j:plainf:id:serimaryo:20180308192707j:plain
今日はこんなことやります、の図

続きを読む

try! Swift Tokyo 2018 でブース出展を行いました #tryswiftconf

おはようございます。エンジニア 兼 技術広報の @serima です。

2018 年 3 月 1 日(木), 2 日(金) にベルサール新宿で try! Swift 2018 が開催され、国内外から約 30 名の講演者を含め 700〜800 名の参加者が集いました。*1

今回、GameWith はゴールドスポンサーとして協賛させていただき、ブース出展を行いました。

tech.gamewith.co.jp

運営の Twitter (@tryswiftconf) では開催日までカウントダウンが行われており、GameWith ロゴと Riko のかわいいコラボレーション画像を作ってくださっていたり...

*1:参加者数は公式に発表されたものではありません

続きを読む

GameWith もくもく会 #1 を開催しました

こんにちは!エンジニア 兼 技術広報の @serima です。

昨日、2 月 22 日 (木) に GameWith 主催で初のもくもく会を開催しました!

雪混じりの雨が降るという悪天候でキャンセル続出を懸念していましたが、そんな心配をよそに参加者の方々が続々と…!

会場諸注意などの最後に、「初開催なので不手際などご容赦ください」というエクスキューズも忘れずに行いました…

その直後「さて、もくもくしますか」と言ったところ、参加者の方々から「最初に自己紹介と今日何やるかは言ったほうがいいですよ!」と温かいフォローをしていただきたいへん助かったりしました。(ありがとうございました)

今回は取り組むテーマをフリーに設定したこともあり、各人さまざまなテーマに取り組んでらっしゃいました。

  • Swift のチュートリアルを行なってみる
  • 個人で開発されているアプリの機能改修
  • TensorFlow を使ってディープラーニングの勉強
  • Android Wear の背景にカスタマイズ画像を表示する
  • 落合陽一の「日本再興戦略」を読む
続きを読む

DroidKaigi 2018に参加してきました

はじめまして。decoy0318です。

普段はGameWithアプリのサーバサイドエンジニアとして主にAPIの設計や実装を担当しています。 昔の職場で一時Androidアプリを担当していたこともあったことから、それ以来サーバサイドだけではなくクライアントサイドにも大変興味があります。

今回、弊社でDroidKaigi 2018にスポンサードを行い、スポンサー枠でチケットを頂いたので、初めて参加してきました。 (私を含めて弊社より2名参加させて頂きました。)

tech.gamewith.co.jp

DroidKaigiはエンジニアが主役のAndroidカンファレンスで、2015年の初開催から毎年行われており、今年の会場は去年と同じく「ベルサール新宿グランド」でした。

f:id:decoy0318:20180214185416j:plain

続きを読む